2010年01月18日

<芥川賞>該当作品なし 99年上半期以来(毎日新聞)

 第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞は該当作なしだった。

 芥川賞の該当作品なしは第121回(1999年上半期)以来。【棚部秀行、内藤麻里子】

【関連ニュース】
<候補作リストをみる>芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏
<当時の写真と紙面で振り返る>芥川賞に「太陽の季節」
<芥川賞候補5度>「海炭市叙景」自殺した作家の遺作、地元函館市民が映画化へ
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん
<著者インタビュー>中国人作家として初の芥川賞で話題に 「時の滲む朝」の楊逸さん

寒気 東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
雑記帳 戦艦「三笠」に魅せられ そっくり模型作製 金沢(毎日新聞)
冷え込み 13日も 九州北部、強風や大雪(西日本新聞)
山本病院元理事長に実刑=診療報酬不正受給−奈良地裁(時事通信)
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え−大阪(時事通信)
posted by カンザキ シロウ at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。