2010年01月21日

病院再診料、診療所並みに引き上げを―民主議連が報酬配分で要望(医療介護CBニュース)

 民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」(会長=桜井充参院議員)は1月20日、第7回勉強会を開き、診療報酬の配分について7項目から成る要望を取りまとめた。病院の再診料(60点)を診療所と同じ71点に引き上げる形で統一することなどを求めている。同議連はメンバーからの意見を添えて、同党の幹事長室に21日に提出する予定だ。

 要望には、(1)再診料を病院と診療所で統一し、引き下げは行わない(2)外来管理加算の「5分要件」を外す(3)「15対1入院基本料」を引き上げる(4)有床診療所の報酬を引き上げる(5)救急、産科、小児科、外科を中心に報酬を引き上げる(6)看護師不足を考慮した入院基本料を設定する(7)勤務医や看護師、その他病院職員の負担を軽減する施策を講じる―の各項目が盛り込まれている。

 桜井会長は勉強会後、記者団に対し、有床診療所の現状について、「赤字で、外来分の利益を回して経営しているところがある」と問題視。在宅介護を進める上で果たす役割が大きいとして、「有床診療所だけはとにかく残さないといけない」「看取りを考えると有床診療所は大切」などと強調した。


【関連記事】
診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医
診療報酬増など政策要求の「最重要項目」に―民主議連
再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相

過疎法の延長期間は6年=58市町村を追加指定へ−与野党合意(時事通信)
<連れ回し>知人女性と3人の娘を車で 24歳男逮捕 広島(毎日新聞)
石川容疑者、犯意認める 「後任秘書に虚偽記載指示」(産経新聞)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり(産経新聞)
posted by カンザキ シロウ at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。