2010年01月30日

<普天間移設>辺野古の可能性低い 沖縄県知事(毎日新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は25日、報道陣の取材に応じ、米軍普天間飛行場移設問題について「国が辺野古には持ってこないんじゃないか。与党3党を中心とした候補者が『辺野古反対』で当選されたから」と述べ、辺野古移設の可能性が低くなったとの認識を示した。

 辺野古移設を条件付きで容認してきた従来の方針については「政府・与党が見直していて5月に決めると鳩山首相も言っている。その結果を見て判断するしかない」と述べ、自ら辺野古移設を否定する考えはないことも示した。【三森輝久】

【関連ニュース】
名護市長選:県外移設の圧力増す…米各紙が結果を詳報
普天間代替:退路断たれた政府 「5月決着」微妙に
名護市長選:4度目に「移設ノー」 稲嶺氏「公約貫く」
名護市長選:県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に
名護市長選:24日に投開票 普天間移設に影響

小沢氏「隠し立てするものない」…記者会見(読売新聞)
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用−京都府警(時事通信)
兵庫・武庫川ダム“断念”へ 河川整備計画原案に盛り込まず(産経新聞)
<小沢幹事長>聴取に「検察は説明を」…民主の細野副幹事長(毎日新聞)
<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)
posted by カンザキ シロウ at 02:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。