2010年02月18日

羽曳野3人射殺、自殺の大阪市職員を書類送検(産経新聞)

 大阪府羽曳野市の居酒屋で3人が殺害されたライフル銃発砲事件で、府警捜査1課などは12日、殺人と銃刀法違反などの容疑で、現場で自殺した大阪市環境局職員、杉浦泰久容疑者(49)を被疑者死亡で大阪地検堺支部に書類送検した。

 送検容疑は1月12日午後8時ごろ、羽曳野市河原城の居酒屋「いーちゃん」に押し入ってライフル銃を発砲し、離婚をめぐってトラブルになっていた妻(48)の母で元羽曳野市議の田中美子さん(66)、アルバイト従業員の福井達也さん(23)、大家の上原浩人さん(49)を殺害したなどとしている。

 府警のこれまでの捜査で、当時の状況の詳細が判明。杉浦容疑者は最初にカウンターに座っていた田中さんの胸を撃ち、次にカウンター内にいた福井さんの胸に発砲。さらに奥の座敷にいた上原さんに向けて2発撃ち、1発が腹部に命中した。

 店内には当時、妻と福井さんの兄(26)がいたが、杉浦容疑者は妻を狙わずにそのまま店外に出て、銃で自殺。兄は脱出して難を逃れた。

【関連記事】
羽曳野の射殺事件 全職員の銃剣所持状況を調査
大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉
発砲直前に離婚説得、妻と義母ら容疑者宅で 大阪・羽曳野射殺
警察庁長官「銃刀法検証も」 大阪・羽曳野射殺事件で
大阪・発砲で死亡した大家「何でわしが…」

東北の販売店 プリウス修理開始 不安解消へ作業急ぐ(河北新報)
「怖くて…」知人に漏らす=逆らえず事件に加担か−年下の無職少年・石巻3人殺傷(時事通信)
鳩山首相が小沢幹事長の続投を容認(産経新聞)
雑誌発売前の「ワンピース」最新話 ネットに違法投稿(産経新聞)
<表皮水疱症>患者団体が負担軽減など求め意見書(毎日新聞)
posted by カンザキ シロウ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。